■材料-(2人分)-
(ジェノベーゼソース)
スイートバジル・・・3カップ分
松の実・・・50g
にんにく・・・2かけ
オリーブオイル・・・50cc
塩・・・2g
ホワイトペッパー・・・少々
パルミジャーノ・レジャーノ・・・(すりおろしたもの)大1
(シーフード・パスタ)
カッペリーニ・・・140g
玉ねぎ・・・1/4個
ルッコラ・・・1カップ
紋甲イカ・・・100g
むきえび大(生)・・・100g
パプリカ(赤・黄・橙)・・・各1/4個
塩・・・少々

 
 
■作り方
松のみをフライパンでから煎りし、にんにくと一緒にフードプロセッサにかける。

バジルを洗って、乾いた布巾で水気を取り、(1)のフードプロセッサに加えてペースト状にする。

ボールに移し、オリーブオイルと塩、ホワイトペッパーを加える。
 
紋甲イカは斜めに切り込みを入れる。
これを短冊に切り、塩を加えた熱湯で茹でる。
茹でると花が開いたようになる。
イカのゆで汁でえびを茹でる。
パプリカを熱湯にくぐらせ、皮を剥いて細切りにする。ジェノベーゼソースとあわせる。
カッペリーニを茹で、ジェノベーゼソースであえる。
カッペリーニとは「天使の髪の毛」という意味を持つ最も細いパスタで、直径1ミリ程度のもの。今回は0.9ミリのパスタを使用しています。
玉ねぎはスライスして30分位水にさらして布巾に包んで水気を絞り、ルッコラとともに皿に敷き、パスタを盛りつけ、イカとエビを上に載せる。パルミジャーノ・レジャーノをかけてお召し上がり下さい。
 
 
←No.9鶏肉の照り焼き〜カレー風味〜 No.11バジルとチョリソーのピッツア→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
  国際パティシエ調理師専門学校では卒業時に調理師免許を取得できる他、お菓子やパンも学ぶことができます。卒業時に「ドリンクマイスター」の資格が全員取得できます。「日本ハーブ検定」や「薬膳」の検定も導入しています。まずは体験入学がおすすめ!