残ってしまった食パンやフランスパンを使って、保存性の高いラスクを作りました。
ミックスドライハーブの「エルブ・ド・プロバンス」とアカシアのはちみつを使い
アクセントに黒胡椒を混ぜました。
ちょっとピリッとしてハーブの香りがするおしゃれなラスクになりました。
 

■材料-フランスパン1/2本分-
フランスパンまたは食パン
(残り物でよい)
はちみつ・・・大3
エルブ・ド・プロバンス・・・小1
黒胡椒・・・少々
焦がしバター・・・大2
塩・・・少々

 
 
■作り方
フランスパンを8ミリ〜10ミリの厚さに切る。

フライパンで焦がしバターを作り、はちみつ、ドライハーブ、黒胡椒を混ぜ合わせて塗る。

オーブンを120℃に予熱し、天板に並べて30分くらい乾燥焼きする。
オーブンを170℃にして6分ほど焼く。

乾いた板(まな板など)に並べて冷ます。
  焦がしバターは焦がしすぎないこと。
新しいパンで作る場合は、100℃のオーブンで10分くらい焼いてからはちみつバターを塗る。
 
 
 
←No.16台湾風焼きビーフン No.18鶏肉のアラビアータ→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
  国際パティシエ調理師専門学校では卒業時に調理師免許を取得できる他、お菓子やパンも学ぶことができます。卒業時に「ドリンクマイスター」の資格が全員取得できます。「日本ハーブ検定」や「薬膳」の検定も導入しています。まずは体験入学がおすすめ!