■材料-2人分-
カジキマグロ・・・2切れ
米粉・・・大1
バジル(ドライ)・・・小1/4
バター(無塩)・・・30g
オリーブオイル・・・大1
塩・コショウ
バジル(飾り用)

〔付け合せ〕
茄子・・・1本
バジル(フレッシュ)・・・4枚
サラダ油
かぼちゃ・・・80g
はちみつ・・・大1
醤油・・・少々
トマト・・・1/2個

 
 
■作り方
カジキは軽く、塩・コショウをしておく。

付け合せの茄子は4等分し、縦に2〜3本切れ込みを入れて素揚げにする。
バジルも同様に素揚げにする。

かぼちゃは種を取り適宜に切り、水1カップにはちみつ、塩、醤油を加えて煮る。

フライパンを熱し、バターとオリーブオイルを加え、米粉を軽くまぶしたカジキをソテーする。
焼き汁を濾し器でこし、ドライバジル、塩、コショウを加えてハーブソースを作る。
お皿に付け合せを盛り付け、カジキを載せ、ハーブソースをかける。
  付け合せのかぼちゃは、魚料理の口直しで、デザート感覚にするためにはちみつを使って甘煮にしました。
ポアレは小麦粉の代わりに米粉を使い、冷めても香ばしさが残るので美味しさが保てます。
 
 
 
←No.18鶏肉のアラビアータ No.20ゴーヤとミントのビシソワーズ→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
  国際パティシエ調理師専門学校では卒業時に調理師免許を取得できる他、お菓子やパンも学ぶことができます。卒業時に「ドリンクマイスター」の資格が全員取得できます。「日本ハーブ検定」や「薬膳」の検定も導入しています。まずは体験入学がおすすめ!