■材料-6人分-
牛タン・・・12枚
水茄子・・・2個
トマト・・・1/2個
エリンギ・・・1本
バター・・・20g
オリーブ油・・・大さじ1
米粉・・・大さじ2
塩・コショウ・・・少々
バジルの葉・・・8枚

《付け合せ》
かぼちゃ・・・80g
マッシュルーム・・・4個
ししとう・・・4本
トマト・・・1/2個
バジルの葉・・・4枚
イタリアンパセリ・・・2枚

《ソース》
バジルペースト・・・大さじ2
マヨネーズ・・・大さじ1

 
 
■作り方
牛タンは塩こしょうしてフライパンで焼く。(なるべく油はしかない)

茄子、トマト、エリンギは7ミリくらいの厚みにスライスし、米粉を付け、熱したフライパンにバターとオリーブ油を加えて焼く。

茄子、バジルの葉、牛タン、トマト、エリンギ、バジルの葉と重ねてお皿に盛り付ける。
南瓜は7ミリ位の厚みに切ってオリーブ油で役。マッシュルーム、ししとうも炒める。
トマトは皮を剥いて粗く刻む。
茄子を盛り付けたお皿に、付け合せを盛り付け、バジルの葉をイタリアンパセリを添える。
バジルソースを添える。
   

水茄子とは、長茄子と違って、長さが短く、太いものです。秋に出回るもので、米茄子より小ぶりで、米茄子よりもやや水分が多いので、火通りがいいのが特徴です。

 
 

←No.21豆腐とチーズのHerbサラダ

No.23洋風手巻き寿司→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
  「秋バージョン」のオープンキャンパスを展開中です。秋の食材を使った、秋の味覚を楽しみませんか。
出願をお考えの方は「願書持参」でおいでください。