■材料-2人分-
鶏むね肉・・・1枚
ハーブ味塩コショウ・・・小1/2
薄力粉・・・大3
バジル・・・12枚
水・・・大3
パン粉・・・1/2カップ
サラダ油・・・適量

《付け合せ》
キャベツ・・・3枚
トマト・・・1/2個
バジル(飾り用)
ハーブソース・・・大4

 
 
■作り方
鶏むね肉は皮を取り除き、斜めに包丁を入れ、薄く「そぎ切り」にする。

ハーブ味塩コショウをふり、冷蔵庫に入れておく。

休ませた鶏肉に薄力粉をまぶし、余分な粉をはらい、2枚のバジルを挟み、残った粉に水を加えて溶き表面に塗り、パン粉をつける。

サラダ油を熱し、中温で揚げる。

キャベツは千切りにし冷水にとってシャキッとさせ、水切りする。

トマトは皮を湯剥きし4等分に切る。
皿に付け合せを盛り、カツレツを盛り付け、1枚は半分に切って盛り付ける。
バジルの葉の小葉をあしらう。
  通常のカツレツの場合は、小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣を付けますが、2人分の場合小麦粉も卵も余ってしまい無駄になるので、残った粉に水を加えて卵のかわりにしました。
 
 

←No.42スペアリブ香草蒸焼

No.44ハムとバジルのクロワッサンサンド→
 
★これまで掲載したレシピの一覧はこちらから★
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)