■材料-(8個分)-

白玉粉・・・60g
上新粉・・・30g
砂糖・・・10g
水・・・80cc
食紅・・・少々
桜の花(塩漬け)・・・10個
こしあん・・・200g
ハーブ(ハーブソルト)・・・小1
サラダ油


 
 
■作り方

ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて粒がなくなるまで混ぜ合わせる。

砂糖、上新粉を加えてよく練り合わせ、水溶きの食紅を少量加えて色を付ける。

あんにハーブを混ぜ、8等分する。(2)の生地を8等分し、丸く平らにのばし、あんを包んで平らにする。

桜の花はさっと洗って塩を除き、水気をふき取って(3)の表面につける。
フライパンに薄く油を引き餅の表をさっと焼いてから裏返し、お湯を餅の高さの1/4位まで注ぎいれて蓋をし約5分位蒸し焼きにする。
蓋をとり、湯が残っていたら捨てて、フライパンの周りから油を少々入れて両面をこんがりと焼き上げる。
 
 
←No.5ハーブチーズ入り豆腐のスープ NO.7桜のシフォンケーキ→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
  国際パティシエ調理師専門学校では卒業時に調理師免許を取得できる他、お菓子やパンも学ぶことができます。卒業時に「ドリンクマイスター」の資格が全員取得できます。「日本ハーブ検定」や「薬膳」の検定も導入しています。まずは体験入学がおすすめ!