■材料-4人分-
あん肝・・・400g
昆布・・・10センチ位
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
生姜・・・50g
ローズマリー・・・1枝
水あめ・・・大さじ1

《付け合せ》
梅人参(人参を梅型で抜いて塩茹で)

 
■作り方
あん肝は塩水で洗って手巻き寿司の巻きすで巻く。

鍋に水3〜4カップ入れ、昆布、醤油、生姜、みりんを入れてひと煮立ちしたら、あん肝を入れて煮る。

煮汁が半分くらいまで減ったら水1カップ加え、水あめとローズマリーを入れて煮る。
ひと煮立ちしたら酒を加えて火を止め、あん肝を取り出して深めの容器に移し、煮汁を茶こしで濾し入れ、冷蔵庫でひと晩冷やす。(ひと晩おくと味がよく染みる)
 
 
 
 
 

■材料−4人分−
卵・・・4個
だし醤油・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
はんぺん・・・1枚
《残り野菜》
・型抜き人参の残り
・干椎茸の軸の部分
・バジルの茎の部分
サラダ油+ごま油
《付け合せ》
いんげん又はグリーンアスパラ(塩ゆで)
はじかみ生姜

 
■作り方
卵をわりほぐし、だし醤油、砂糖を加える。
型で抜いた残りの人参、戻した干椎茸の軸、付け合せのいんげん又はグリーンアスパラ、バジルの茎の部分を薄味で煮て下味をつけて汁気を切り、卵液に混ぜ込む。はんぺんは裏ごしして卵液に加えよく混ぜておく。
卵焼き器に油(サラダ油+ごま油)を引いて油をなじませ、卵液を数回に分けて流し、端から巻く。これを何回か繰り返して焼き、巻き終わりを下にして巻きすにのせ、端から固く巻いて両端を輪ゴムで留めて冷蔵庫で冷やす。
冷めたら1センチくらいの厚みに切り、お皿に斜めにずらして盛り付け、付け合せを添える。
 
 
 

←No.26里芋のお好み焼き風

おせち料理特集(2)→
 
※レシピ提供:国際パティシエ調理師専門学校(NPO法人日本ハーブ振興協会法人会員)
今年もあと1ヶ月足らずとなりました。街ではイルミネーションがとてもきれいですね。学校でもいたるところにクリスマスデコレーションを付けています。エントランス、教室、実習室と飾っています。オープンキャンパス会場はまるでクリスマスパーティー会場のようです。今年は自宅でクリスマスケーキを手作りしてみませんか?
来年のオープンキャンパスは1月21日(土)です。みんな来てね!